助成金・補助金情報 | ワークスマイルラボ | 『働く』に笑顔を!
USEFUL INFORMATION

お役立ち情報

HOME → Voice of the visitor
助成金・補助金情報

厚生労働省『年5日の年次有給休暇取得の義務化』のご案内

厚生労働省『年5日の年次有給休暇取得の義務化』についてご紹介します!

法改正により、2019年4月1日から、使用者は10日以上の年次有給休暇(以下、年次有休)が付与される
全ての労働者に対し、毎年5日、時季を指定して年次有休を与えることが必要になります。

【年次有給の付与や取得に関する基本的なルール】

ポイント1:対象者
 年次有休が10日以上付与される労働者が対象。

ポイント2:年5日の時季指定義務
 使用者は、労働者ごとに、年次有休を付与した日(基準日)から
 1年以内に5日について、取得時季を指定して取得させなければならない。

ポイント3:時季指定の方法
 時季指定に当たっては、労働者の希望を聴取し、
 意見を尊重するよう努めなければならない。

ポイント4:就業規則への規定
 時季指定の対象となる労働者の範囲および時季指定の方法について、
 就業規則に記載しなければならない(労働基準法第89条)。

ポイント5:罰則
 ポイント2と4に違反した場合には罰則が科されることがある。


詳しくはこちらをご覧ください



【プロフィール】

元井 あゆか(もとい・あゆか)
広報部所属。
2歳の娘を持つママ。
女性の働き方に関する講演や
テレワークを活用した多様な働き方に挑戦している。
助成金の導入サポート実績10社。
助成金・補助金情報

中小企業庁『軽減税率対策補助金』のご案内

~消費税軽減税率制度の実施に伴い対応が必要となる
中小企業・小規模事業者等の方々向け~

中小企業庁『軽減税率対策補助金』をご紹介します!

2019年10月に消費税率10%へ引き上げに合わせて実施される
消費税軽減税率(複数税率)への対応が必要となる
中小企業・小規模事業者の方々への補助金制度です。

複数税率対応として、2つの申請類型があります。

●A型:複数税率対応レジの導入支援
●B型:受発注システムの改修等支援

【A型】

複数税率に対応できるレジを新しく導入したり、
対応できるように既存のレジを改修したりするときに使える補助金です。

・補助額はレジ1台あたり20万円が上限
・補助率は1/2~3/4(基本的には2/3)
・複数台申請については、1事業者あたり200万円が上限

【B型】

電子的な受発注システムを利用する事業者のうち、
複数税率に対応するために必要となる機能について、
改修・入替を行う場合に使える補助金です。

・発注システムの補助上限額は1000万円、受注システムは150万円で、
 両方の改修・入替が必要な場合の上限は1000万円
・補助率は1/2~2/3


詳しくはこちら

助成金・補助金情報

特許庁『知財総合支援窓口』のご案内

~企業経営の中で生じた知的財産に関する悩みや課題を解決したい
中堅・中小企業者さま向け~

特許庁『知財総合支援窓口』をご紹介します!

中堅・中小・ベンチャー企業が抱える経営課題や、
アイデア段階から事業展開までの知的財産に関する課題や相談を、
ワンストップで受け付ける無料相談窓口です。

・営業上の情報ノウハウ
・商品ネーミング
・商品デザイン
・新しい技術
・ロゴマーク
・アイデア
・屋号
など、専門家が様々な課題に対応します!

【相談の流れ】

①窓口の支援担当者が相談内容に応じてアドバイス!
 経験豊富な企業OB等の窓口支援者が、まずはお話を通じて
 「経営」と「知的財産」の課題を把握します。
  ↓
 事業・知的戦略の策定助言や、それらの戦略に合った
 知的活動のソリューションを無料でご提案します。

②各分野の専門家が、訪問や窓口で無料アドバイス!
 会社の課題を見つける相談内容から、専門性を必要とする相談内容まで、
 専門家が窓口担当者としてアドバイスをします。

詳しくはこちら

助成金・補助金情報

平成30年度「テレワークマネージャー」派遣申請を受付中!

総務省が、ICT(情報通信技術)を活用したテレワークの導入等を検討する企業・団体、地方公共団体等に対して、テレワークの知見、ノウハウ等を有する専門家を派遣する「テレワークマネージャー派遣事業」を開始しました。

総務省HP


テレワーク導入を検討する民間企業や地方公共団体を対象に、
テレワークの効果やシステム、情報セキュリティなどの知見・
ノウハウを持つ専門家を派遣し、3回まで支援。

応募締切は2月28日まで

お申し込み・お問合せはこちら

助成金・補助金情報

経済産業省『IT導入補助金』のご案内

経済産業省 サービス等生産性向上IT導入支援事業『IT導入補助金』

●ITツールを使用して生産性や売上を向上させたい事業者さま
●中小企業のITツール導入をサポートしたい事業者さま
向けの補助金


生産性向上のためのITツール導入を支援する
IT導入補助金』についてご紹介いたします。


ITツールで業務効率化・生産性アップ!!

IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者王のみなさまが自社の課題やニーズに合った
ITツール(ソフトウェア、サービス等)を導入する経費の1部を補助することで、
みなさまの業務効率化・売上アップをサポートするものです。

中小企業・小規模事業者(補助事業者)とIT導入支援事業者(ITベンダー・サービス事業者)が
情報の共有・相談を行い、導入するITツールや事業計画を
経済産業省・IT導入補助金事務局に申請するという流れになります。

ITツールの例としては、
・財務会計管理ソフト
・自動化・効率化ツール
・ホームページ制作
など、様々なツールを導入・提案可能です。


補助金額は、上限50万円、下限15万円になります(補助率は1/2以内)。


ITツールを使用して業務の生産性を上げたい中小企業の事業者さま、
自社で使用しているツールを他社で活用し実績を作りたい事業者さま、
ぜひこちらの補助金をご活用ください!

詳しくはこちらをご覧ください



【プロフィール】

元井 あゆか(もとい・あゆか)
広報部所属。
2歳の娘を持つママ。
女性の働き方に関する講演や
テレワークを活用した多様な働き方に挑戦している。
助成金の導入サポート実績10社。