ワクスマガジン | ワークスマイルラボ | 『働く』に笑顔を!
NEWS

新着情報

HOME → News
ワクスマガジン

採用力を上げるICTとは

今、多くの会社も人財が不足し、採用に苦戦しています。
特に中小零細企業は人財の獲得が大きな経営課題となっています。

もともと我々も事務機業界という衰退業界、
なおかつBtoBで学生の知名度はほぼ無い会社です。

しかしながら、より良い働き方を追求し
その取り組みをキチンと学生の皆さんへ伝えることが出来た結果、
新卒者の希望就職先ランキングで6位という結果が得られたのだと考えています。




いまの学生さんの会社を選ぶ基準の中で、
働く環境」はかなり高い優先順位で入っています。
特に女性はものすごく気にしています。


いまの時代、結婚後に仕事を辞めて専業主婦になりたい、
という女性よりも、結婚して出産した後も正社員としてバリバリ働きたい!
という女性がすごく多いと感じています。
この傾向は今後ますます強くなると思っています。

ワクスマのより良い働き方の取り組みのなかで、一番評判が良いのが「テレワーク 」です。

そもそもテレワークとは何か?

テレワークとは、英語の“テレ(離れた場所)”と“ワーク(働く)”という意味

テレワークとは情報通信技術を活用した新しい働き方で、
時間や場所にとらわれない柔軟性があり、
一般的なイメージは在宅勤務です。

会社と同じようにパソコンで仕事をして、
連絡はインターネット・電話・ファックスを活用して働きます。
在宅勤務なら、毎朝混雑する電車に乗って会社まで通勤する必要がありません。
通勤時間の節約だけではなく、自分のライフスタイルに合わせて働くこともできます。
そのため在宅勤務は
妊娠や育児中の女性でも働きやすく、
親族の介護も働きながら行うことが可能です。

また病気や怪我などで一時的に外出が困難になった方、
さらには身体に障碍があり通勤に苦労している方も、
自宅で働ける在宅勤務なら仕事をすることができます。

このように、テレワークを導入していることにより、
結婚や出産後、介護の問題などの場合も長く正社員として働けることに
魅力を感じて応募してくれる学生がとても増えています。


今回の件で、少しでもご興味をお待ち頂ける点がございましたら、
現在700社以上の経営者の皆様がご見学にいらしている
弊社「ワクスマ」にお越し頂き、実際の取り組みを体感して頂ければと思います。

採用の取組みを含めて、すべてご覧いただけます。

ご見学希望についてはこちらから


【プロフィール】

石井 聖博(いしい・まさひろ)
キヤノンマーケティングジャパン株式会社を経て、2006年株式会社石井事務機センターに入社。2015年より現職。従来のオフィス機器販売から、より良いワークスタイルを提案する会社への変革に着手。2016年、本社をライブオフィス化し、自社の働き方を実際に体感できる“ワクスマ”事業を開始。中小企業に特化したテレワークやICTを活用した多様な働き方に挑戦している。帝京大経済学部卒。岡山市出身。1979年生。

ワクスマガジン

すぐにできる、中小企業の働き方改革事例

では、中小企業はどのようなICT活用を行えばよいのだろう。。
こんなことを最初は考えました。

まず最初に取り組んだのが「ペーパーレス化」です。
弊社は事務機屋ですので、事務用品のご注文は今でもFAXで
受け付けております。

そのため年間の印刷毎週は何万枚という状態でした。
そして会社は書庫だらけで、整理整頓が行えている状態ではありませんでした。

そこで探してきた商品は
送られてきたFAXをPDFでデータ化し、複合機から印刷せずとも、
パソコン上で処理が行えるものでした。



実際にこの商品を使ってみて
・注文いただいた商品は全てデータ上で処理が行えるようになった
・紙で印刷しないので、コスト削減
・過去のデータも検索するとすぐわかるようになり、特定の人だけではなく、誰でも処理ができるようになった


今現在は、このペーパーレス化を、社内の『稟議書』にも活用しています。



そうすることでいつでも・どこでも・スピーディーに
社内書類も処理することができるようになり
間違えや紛失などといった悩みも解決することができました。


ここまで読んでいただくとすごく簡単に、
そしてスムーズに移行できたのかと思われるかもしれませんが、
実際には1年近く、ペーパーレス化に向け試行錯誤を行いました。

上記に挙げた、
・社員の活用能力、ICTリテラシーが不足している
・IT投資の効果算定が難しく、ICT投資額の判断ができない

導入する前はまさに、このようなことで悩んでいました。

実際導入してみて思ったことは、実用化するまでは手探りで大変だが
いざやってみると
・やはりすごく便利。なぜすぐに取り掛からず、社員に負担を強いたのか
・特に理由なく避けてしまっていただけ

と感じました。

今はさまざまな業種・業態で使えるICTの活用があります。


実際にいま行っている業務の中に無駄な作業やICTで解決できることは
気付いていないだけで沢山あるのではないかと思います。
今後も展示会などに参加し、皆様にも役立つ情報をお知らせさせていただければ思います。

ワクスマの見学にお越し頂ければ、
必要とされる方には弊社の経営方針書を差し上げています。
ご興味がある方は、ぜひ一度ワクスマ見学にお越しください。
お待ちしております。


【ワクスマ見学会のお知らせ】

日程はご相談に応じさせていただいておりますので、お気軽にお問合せください。

お問合せはこちら



【プロフィール】

石井 聖博(いしい・まさひろ)
キヤノンマーケティングジャパン株式会社を経て、2006年株式会社石井事務機センターに入社。2015年より現職。従来のオフィス機器販売から、より良いワークスタイルを提案する会社への変革に着手。2016年、本社をライブオフィス化し、自社の働き方を実際に体感できる“ワクスマ”事業を開始。中小企業に特化したテレワークやICTを活用した多様な働き方に挑戦している。帝京大経済学部卒。岡山市出身。1979年生。

ワクスマガジン

年度経営方針発表会について

方針書を初めて作成した当初は
金融機関に提出するためだけに作成していましたので、
誰にも発表していませんでした。

ですので、作成した私でさえ3か月もすると
一番重要な年度方針でさえあまり覚えていない状態でした。

これではせっかく時間をかけて作成しても、
自社の成長に全く活かせていない!と思い。
2013年に初めて、年初に会社の会議室で方針発表を行いました。。。

が、途中で「そんな目標は無理だ!」などと私の父(現会長)から
ヤジが入って口論になるなど、さんざんな発表でした。

しかし、何人かの社員は
「会社の目指すべき場所考えが知れてモチベーションが上がりました。」
と言ってくれました。

やはり、社員に
●自分達がどこを目指し、
●なにを頑張ればいいのか?
を伝えることが大事なことと、改めて確信し、
毎年必ず方針発表会を実施しよう!と決めました。

そこからは、毎年参加して頂く方を増やし、
会場も用意するようにしました。



現在は、社員はもちろん、
金融機関の方、仕入先、お客様、内定者、
そして内定者の親御さん
にも招待状を送らせて頂いております。

会場もホテルの宴会場で行います。
ホテルで行うと、いつもと違う雰囲気で
社員もマインドも変わりますし、緊張感も出ます。
場創りは非常に重要だと思います。




この方針発表会を通じ、

●社員には自社の方針を理解し、自分が何を今年するべきか?を明確になる
●金融機関には自社の数字だけでなく、社員の立ち振る舞いを見てもらうこと
●仕入先には提供して頂く価格だけでなく、なにをサポートして欲しいかを伝えるため
●お客様には自社の考えに共感して頂き、さらにファンになって頂くため
●内定者には入社後のスタートダッシュを決めてもらうため
●内定者の親御さんには安心してもらうと同時に入社後、弱音を言ってきた時に応援してもらうため
に行っています。

特に、金融機関や仕入先には、
「自社を特別扱いしてもらい、エコひいきして欲しい!」と
正直に伝えています。

そうすると、内容は様々ですが本当にエコひいきしてくれます!(笑)

例えば、
●うちの依頼事を優先してくれたり、
●良い情報を一番先に持ってきてくれたり
●お客様先の紹介だけでなく自社の事業にとってプラスになる会社を紹介してくれたり
と色々です。

「ワクスマさんの方針発表を聞いているから、
何をどう支援すれば役に立てるかが明確なので、
支援しやすいんです。」と言われました。

方針書を作成し、発表会をする!
絶対にかかった時間と費用以上の効果はあると思います。



ワクスマの見学にお越し頂ければ、
必要とされる方には弊社の経営方針書を差し上げています。
ご興味がある方は、ぜひ一度ワクスマ見学にお越しください。
お待ちしております。


【ワクスマ見学会のお知らせ】

日程はご相談に応じさせていただいておりますので、お気軽にお問合せください。

お問合せはこちら



【プロフィール】

石井 聖博(いしい・まさひろ)
キヤノンマーケティングジャパン株式会社を経て、2006年株式会社石井事務機センターに入社。2015年より現職。従来のオフィス機器販売から、より良いワークスタイルを提案する会社への変革に着手。2016年、本社をライブオフィス化し、自社の働き方を実際に体感できる“ワクスマ”事業を開始。中小企業に特化したテレワークやICTを活用した多様な働き方に挑戦している。帝京大経済学部卒。岡山市出身。1979年生。

ワクスマガジン

2019年度経営方針書について

年内最後のワクスマガジンで、今回は経営方針書の話をさせていただきます。

※画像をクリックするとPDFがダウンロードできます。


今年も経営方針書を作成し、12月にお客様や金融機関、パートナー企業、
内定者の親御さんや社員の親御さんなどと一緒に方針発表会を行いました。

経営方針書を作成し続けて約9年。
最初は数枚のペラペラの方針書でしたが、現在では90ページを超える内容になりました。

なんのためにするのか?と言うと
●やることの明確化
●金融機関や仕入先は弊社に対し、何を協力し支援をしたら良いかが明確になる
●お客様には弊社の考え方に共感していただくことで、更に関係を強化するきっかけになる
●内定者や親御さんには、これから入社する会社に対し、より安心感を得ると共に、離職率の低下につながる


私自身、この経営方針書を毎年作成し
ブラッシュアップすることで会社の方向性が明確になり、
●逆算して今やらなければならないこと
●今決めなければいけないこと
を実行することができています。

※画像をクリックするとPDFがダウンロードできます。


昔の私を知っている方からは、
「最近頑張られていますね。あの当時からは考えられません。」
と励ましのお言葉をいただくのですが、
経営方針書を可能な限り実行してきた結果だと思っています。

今では社員にも個人の「年度方針書」を立ててもらっています。
厳密には、社員ですらない『内定者(学生)』にも作ってもらっています。

理由としては、
●社員にも会社の向かっていく方向を共有してもらうため
●チームや個人の責任を明確にするため

そしてその自分で立てた方針書をベースに、評価制度と連動させることで
●実行する責任を持ってもらうためです。

この評価制度は、立てた目標に対して
●3ヶ月に1度振り返り自己評価をしてもらいます。
●その後、上司評価をし、社長評価を行っています。

評価には目標を達成したときの処遇も明記され、
公平に評価してもらえるという社員との約束にもなり、
社員のモチベーションアップにもつながります。

※画像をクリックするとPDFがダウンロードできます。


経営方針書は多くの中小企業が立てて終わり、
あるいは作成していても、作成が目的となり振り返りが行えておらず、
目標としていた成果が得られない方針書になっていることが多いと聞きます。

実際、方針書はなくても経営は可能です。
しかし、一緒に同じ方向を目指してほしい幹部の育成や社員育成、
同じ念いで頑張って欲しいことは、
必ず経営者から伝え続けなければ理解してはもらえないと思い、
私が2009年の経営危機から毎年続けている習慣です。

実際の2019年度の経営方針書を社内でお見せしています(ご希望の方には配布もしています)
ワクスマへ見学に来られませんか?
ぜひお待ちしております!

【ワクスマ見学会のお知らせ】

日程はご相談に応じさせていただいておりますので、まずはお問合せください。

お問合せはこちら

【プロフィール】

石井 聖博(いしい・まさひろ)
キヤノンマーケティングジャパン株式会社を経て、2006年株式会社石井事務機センターに入社。2015年より現職。従来のオフィス機器販売から、より良いワークスタイルを提案する会社への変革に着手。2016年、本社をライブオフィス化し、自社の働き方を実際に体感できる“ワクスマ”事業を開始。中小企業に特化したテレワークやICTを活用した多様な働き方に挑戦している。帝京大経済学部卒。岡山市出身。1979年生。

ワクスマガジン

社員のモチベーション向上と成長促進の仕組みづくり②

《前回の内容》
評価制度を導入したけども、社員が次から次へと不満を言ってきた。。。
その度に見直しをして対応していましたが、キリがありません。
1年ほど経った時、全社員のモチベーションを向上し満足度を高める評価制度は
無理という結論になり、であればどういう社員のモチベーション向上と
満足度を高める制度にすべきか?という考えになりました。


出した答えは、
自社の価値観に共感し、方針に沿って一生懸命行動してくれている社員が
更に成長してくれる、そういう評価制度にしよう!
と決めました。


そこからは、そういった社員がどうすれば
●もっとモチベーションが高まるか?
●仕事のやりがいが生まれるか?
をヒアリングし、制度を作り直していきました。

その間もほかの社員からは、色々と不満の声は出てきました。
「なぜ一部の社員の意見ばかり聴くのか?」
「なぜエコひいきするんですか?」と言ってきました。

その通りです。
正々堂々とエコひいきするために、評価制度をつくるんです。
事実、この評価制度に変えてから社員が数名辞めました。
ですが、業績は上がり社風も改善しました。





僕も含めて、多くの方が勘違いしているのが、
『社員へは平等にすべき』という固定概念を勝手にもってしまうことです。

ですが、なかなかそれは難しいと感じました。

平等と公平は違います。

チャンスは平等にすべきですが、
評価は公平にしなければ会社とって本当に必要な人財のモチベーション低下、離職に繋がります。

社長は社員の頑張りをよく見ています。
良く頑張った人に少しでも多くの報酬を出したい。
役職をつけてあげたい。
と思うのが当然です。

問題なのは、それが周りの社員が見たときに、
『社長がその時の気分や感情のみで決めている。』
と思われることだと気づきました。



大事なことは、
●どういう事を頑張れば、どういう評価をされて、報酬としてどう返ってくるのか?
●将来、どういうステップを踏んでいけるのか?
が見える化することが重要です。

ところが、見える化しても社員はあまり見てません。

何が評価項目なのか?も途中で忘れてしまっていました。
せっかく評価制度を作って、それを見える化しても覚えてなければ意味がありません。
ですのでいまは毎月、
●評価制度理解度テストを実施
●その点数も評価の対象
にしています。

嫌々でも覚えてくれれば結果オーライです。
更に評価制度は終わりがありません。
常に変えてブラッシュアップする必要があります。
現在では3ヶ月に一度見直しをし、常に変えています。
もちろん目的は自社の方針に沿って行動し頑張ってくれている社員に、
よりモチベーションを向上してもらうためです。

ワクスマではこのような評価制度の取り組みも、
来社されたお客様へも見える化しております。
是非一度、見学に来られませんか?


【ワクスマ見学会のお知らせ】

日程はご相談に応じさせていただいておりますので、まずはお問合せください。

お問合せはこちら

【プロフィール】

石井 聖博(いしい・まさひろ)
キヤノンマーケティングジャパン株式会社を経て、2006年株式会社石井事務機センターに入社。2015年より現職。従来のオフィス機器販売から、より良いワークスタイルを提案する会社への変革に着手。2016年、本社をライブオフィス化し、自社の働き方を実際に体感できる“ワクスマ”事業を開始。中小企業に特化したテレワークやICTを活用した多様な働き方に挑戦している。帝京大経済学部卒。岡山市出身。1979年生。